お洒落な白髪の中年男性

白髪を自分なりにアレンジして楽しんでしまう男性に惹きつけられる

白髪と聞くと加齢の象徴としての意味合いがどうしても強く、あまり良いイメージを持たない人が実際ほとんどだと思います。

 

現に世間には中年世代向けの育毛剤や染髪料が多く販売されており、自身の見た目や若々しさを意識する男性には必要不可欠ななものですよね。

 

私の身近にも白髪頭の中年男性というのは多く存在するのですが、中には白髪であるにも関わらず若々しくて格好良く、魅力的な男性が幾人かいらっしゃる訳です。

 

彼らに共通するのは「清潔感」や「お手入れ感」。
つまり生えてきた白髪を伸ばしっぱなしにしないで、自分の個性を活かしある程度手を加えてお洒落に仕上げていること。

 

例えば短く刈り上げる、整髪料を使ってビシッと纏める、ドライヤーで癖付ける…など誰もが短所だと思える部分を敢えてアレンジし長所へと変えている、そんな男性はやはり白髪であろうが関係なく魅力的に映るものなのです。おそらく女性はそんな男性のお洒落をする「気配り」の部分に人生の「余裕」を無意識に感じているのだと思います。

 

白髪が生えてきたなら染めてしまえば済むことです。
しかし敢えてそれをせずに自分なりにアレンジして楽しんでしまう部分、それが男性としての色気や余裕を生み、知らず知らず女性を惹き付けてしまうという訳ですね。

 

長く生きていれば誰しもが歳を取り、そのシグナルは体中の至るところに現れてきます。

 

若い頃はただ若いというだけで魅力的ですし、幾らだらしない服装や格好であってもそれなりに様になるもの。

 

しかし歳を重ねて尚そんな格好をしていればそれは単に「だらしない」印象に留まってしまいます。

 

肌や髪の質感では若い世代に太刀打ちできないからこそ、それを逆手に取りアイテムの一つとして敢えて見せていくことがお洒落な五十代男性の必須条件といえるかもしれません。

 

女性は外見だけでなく、その外見に現れる内面の充実や余裕をさりげなくチェックしているもの。

 

モテる中年男性のその余裕の陰に潜む目に見えない努力に女性は惹かれてしまうのかもしれません。

関連ページ

白髪をお洒落のアクセントに
人は年齢を重ねれば必ず、若かった頃にはなかった加齢のサインが外見に現れてくるものです。勿論白髪もその一つ。自慢だった髪に...
白髪50代男性は素敵
CMなどで見かける俳優ジョージ・クルーニーがすごく素敵だといつも思っているので、白髪頭の50代男性もなかなか悪くない!と普通に感じます。
自然体な白髪の方が良い
結論から言いますと、男性の白髪は素敵ですね。特に50代にもなれば白髪が目立つようになってくるのだと思いますが、ここで黒く染めて必死な...
完全に白髪頭の男性は
50代くらいになれば、白髪になるのは当然なのですが、完全に白髪状態の男性を見ると(ムム?)といろいろ考えてしまいます。